トラック運転手を7年やって感じたメリット・デメリット

Pocket

どうもこんにちは!!jamと申します。

今回は運送業で7年働いてきた僕が思うこの業種の良いトコ・悪いトコをお伝えしたいと思います。

Aさん
運送業って実際どんな感じ?大変??
B子さん
転職を考えている、気になっているけど・・・。

っていう方へ向けて参考になればと思います。

ちなみに「運送業」といっても「何を運ぶか」によって仕事内容はさまざまです。全然違います。

僕は主に「食品関係」「個人宅配」系の業務を経験してきました。それをベースに記事を作成しています。

運送ドライバーの仕事とメリット・デメリットについて触れていきます。

メリット【良いトコ】
基本1人での業務なので気楽

仕事を初める(入社の)敷居が低い

他の業種に比べて活躍できる年齢層が広い

嫌でも運転が上手くなる

道に詳しくなる

デメリット【悪いトコ】
労働時間が長い

悪天候、大型連休などの影響を受けやすい(残業)

仕事中のミスで人の命を奪うこともありえる

いくら仕事ができても給料変わらない(営業などあれば別)

「1人休む」を皆でカバーができない

体力資本だが体を壊しやすい(腰痛など)

ざっとこんな感じですが説明していきますね。


基本1人での業務なので気楽

最大のメリット。僕は人と接することはキライではないですがやはり1人の時間が多いので対人ストレスはありません。

運転も好きなのでドライブ気分で好きな音楽を聴きながら、スマホやタブレットで好きな映像流しながらも可能です。(※運転要注意)

仕事も時間の使い方を考えて動ければ自分のペースで(指定時刻などありますが)出来ます。

仕事を初める(入社の)敷居が低い

必要なのは免許のみです。今までの職歴がどうこうはあまり関係ありません。

この業界どの会社も人手不足なので入社希望者に贅沢は言っていられない状況です。

もちろん運転経験ある方がいいですが未経験でもまぁ面接に行ったらほぼ受かります。その場で「いつから来れますか?」「じゃあ明日からよろしく」なんてのも全然あります。

また業務も道(ルート)と積み下ろし方法さえ覚えてしまえば毎日同じ作業なので早い人なら数回の研修で独り立ちできます。

他の業種に比べて活躍できる年齢層が広い

60代未経験でも(会社によってですが)入社できます。ウチの会社では年に数人入ってきます。

30代が若手と呼ばれる業界なので40~50代は当たり前。男女関係なく働ける環境です。

嫌でも運転が上手くなる 道に詳しくなる

言わずもがなですね。毎日5時間以上は運転しますので。


労働時間が長い

運送において労働時間の規定はあるようでないものです。

後述する残業があることもそうですが他の業種に比べて基本的に労働時間は長いです。

ただこれは仕事によってまちまちです。例えば僕の職場でも同じ会社内ですが人によって労働時間は異なります。

1日10時間の勤務もあれば14時間ほどの仕事もあります。まぁウチはかなりブラックな会社なので労働時間長い方です。

悪天候、大型連休などの影響を受けやすい(残業)

道路状況によって遅れたり積込先、納品先でイレギュラーがあって待たされたりと自分に非が無くても遅くなることがあります。

残業ということになりますがまぁ大体の会社では残業代なんて出ないです。つまりドライバーが時間的負担を被るだけです。

雪が降った日なんてもはや無法地帯と化します。僕は48時間帰れなかったこともあります。

少し前に見かけたんですが「残業の多い職種・業種ランキング1位」は運送業でした。

仕事中のミスで人の命を奪うこともありえる

故意にやることはないですがちょっとした不注意で事故を起こすことは十分にあり得ます。

普通の人なら車を運転する時間は多くてもせいぜい2時間/1日くらいだと思います。

ドライバーだと5~10時間/1日は運転します。単純には言えないですが少なくとも普通の人と比べて事故にあう機会は3倍以上あるということです。

業務でミスをして相手に迷惑をかけたとしてもお金で解決できる問題ならまだいいですが、ちょっとミスって人の命を奪ってしまったなんてことは取り返しがつきません。

脅すつもりはないですが車を運転するということはそれほど危険なことだという自覚が必要です。教習所みたいなことをいいますがコレほんと大事です。

いくら仕事ができても給料変わらない(営業などあれば別)

通常、会社は取引先から「1運行で〇〇円」といった感じで運賃をもらいます。(1運行とは1日の仕事ですね)

例えば「1運行4万円」の仕事だとしましょう。その4万円から「人件費、車両代、燃料代、高速代、保険代・・・」などを差し引いて会社の売上になります。人件費が多くを占め、燃料代も高騰しています。

「AからBまで荷物を▲時までに届ける」というのが仕事なので、その仕事をいかに早く片付けたところで1運行は1運行。運賃は変わらない=ドライバーの給料は変わらないんです。

10年続けているベテランドライバーだろうが新人だろうがその仕事の給料は変わりません。デキる人は仕事が早い分、休憩時間がとれるくらいです。

長く続けて会社の信頼、査定があれば給料上乗せあるかもしれませんが、上記で説明したように会社に入ってくる運賃は決まっているので大幅アップというのは厳しいと思います。

「1人休む」を皆でカバーができない

基本1つの配送につき1人なので、誰か休んだ場合は代わりの人がいないと成立しません。

まわりの人でその配送を少しずつカバーして・・・なんてことは無理なので突発的な休みは誰かで埋める必要があります。

やむを得ない理由の場合はもちろんしょうがないですが、ちょっとした理由での急な欠勤は難しいです。

体力資本だが体を壊しやすい(腰痛など)

運転や荷物を運ぶ仕事なので体力を使います。他のどんな仕事でもつらいことはあるのでしょうがないんですが・・・。

体調が悪い、体を痛めて休みたいけど代わりがいなくて中々休めない→無理をして仕事してさらに悪化、という負のループに陥ることもあるので体に不安がある方は事前に会社に相談しておきましょう。

 

まとめ

繰り返しますがその会社によって内容は全然違います。ですが僕も運送の仕事を7年経験してきて思うのはデメリットが大きいという印象です。

どんな仕事でも不満・ストレスはありますが、その中でも運送業は自分への負担が大きい仕事じゃないかなと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です